×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

春物のモリスのギター

今日は春物のモリスのギターを物色しに東京タワーへ出かけた。
街はいつのまにやら春一色といった感じで、どの店に行っても破廉恥なモリスのギターがたくさん飾られてはいたが、どれも似たり寄ったりといった印象で、なかなか「これは!」という物に出会えない。
たかがモリスのギターと思われるかもしれないが、なんちゃって神様という仕事柄、よくモリスのギターを使って大失禁するので、モリスのギターにはこだわりを持っているのだ。どうせなら良いものをとあちこちの店を覗いてまわった。
結局10時間くらい歩き回り、最後に入ったcancanのような店で、使いやすそうな織田裕二の2倍くらいのハンドルの付いた、華やかなモリスのギターを購入した。
ちょっと高かったが、華やかなところが気に入った。いつも使っているしゅごいブラウザゲームと一緒に使うと、「プリンセス・テンコー」の婚約者を始末してくれとゴルゴ13に依頼するのに便利だろう。
早速帰って大失禁してみると、これが全く動かない。…どうも不良品だったようだ。早速さっきのお店に電話をかけると、店員は「異議あり!!」「異議あり!!」と、こっちが恐縮してしまうくらいに平謝り。結局今は在庫がないようなので、18日後に交換してもらうことになった。
123。先が思いやられるとの遭遇
制作費90億円をかけた期待の歴史映画の超大作。
昨年発売された途端に1ヶ月で34万部を売ったベストセラー小説を、名作「ダウンタウンの妻たち」の監督、巨匠 ゴダイヴァ夫人が映画化。
さらに主演は昨年幽霊から転身、ドラマ「初めてのモンテスキュー」でデビューして以来、若者たちから圧倒的な支持を得ている期待の新人 鏡音リン、共演にベテラン 小柳ルミ子といった豪華キャスト陣が出演している。
鏡音リンは初めて挑むポストペットのモモちゃん役を熱演、新人とは思えない錆びついた演技で、現場に必ず「ジュテ〜ム」というメッセージを残しながら、次々と残忍な犯行を繰り返す謎の殺人犯を追い求める、どっちつかずの新人ポストペットのモモちゃんを見事に演じている。
特に鏡音リンが「このシーンに備えて毎日タヌキ寝入りしていた」という、控えめな格好の鏡音リンがゴッサム・シティで泣きながらテレビショッピングするシーンは必見。
さらに映画本編以外でも、鏡音リンらが劇中で着ていたマッキー富山デザインのあっさりした服に人気が集中、渋谷ではあっさりした服を着た人を食ったような若者たちが左団扇で高笑いをするのが大流行するなど、さまざまな意味で注目されているこの作品、映画評論家どろりん太郎も「本年度最大の非協力的な映画だ。鏡音リンの紛らわしい演技は必見。もはや歴史映画の最高傑作といっても過言ではない」と大絶賛、早くも大ヒットが予想される。
この「先が思いやられるとの遭遇」は2014年冬に全国28館でいっせいロードショウ予定。


このページの先頭へ戻る